五十嵐 仁

五十嵐仁の転成仁語
注目順 新しい順

10月18日(月) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月17日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「この政権は何をやりたいのか “党内御用聞き内閣”に風吹かず」 国民の代表である国会軽視の政治も安倍・菅両政権から一歩も変わらず、投開票日を想定より1週間前倒しして、サッサと解散。ボロが出ないうちに大急ぎで…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 18日 コメント はてなブックマークに追加

10月15日(金) 野党分断を狙った新たな反共攻撃

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の機関紙『不屈』No.568、2021年 10月15日付、に掲載されたものです。〕 9月10日放送のTBS系番組「ひるおび!」で、矢代英輝弁護士が共産党は「まだ暴力的な革命を党の要綱として廃止していない」と発言し、大きな批判を招きました。これについて矢代…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 15日 論攷 はてなブックマークに追加

10月26日(火) 市民と野党の共闘こそが「勝利の方程式」(その3)

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、五十嵐仁・小林節・高田健・竹信美恵子・前川喜平・孫崎享・西郷南海子『市民と野党の共闘で政権交代を』あけび書房、2021年、に収録された拙稿です。3回に分けてアップさせていただきます。〕 市民と野党の共闘―その源流と発展 「戦争法」(平和安全法制)の反対運動が盛り上がったとき…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 26日 論攷 はてなブックマークに追加

10月8日(金) 野党共闘で新しい連合政権の実現を

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、『全国商工新聞』第3477号、2021年10月4日付、に掲載されたものです。〕 命と暮らし、商売守る選択 自己責任政治と決別しよう コロナ失政での政権投げ出し 菅首相が退陣を表明しました。新型コロナウイルス対策に失敗した末の政権投げ出しです。国民の多くの反対を押し切って五輪・パ…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 8日 論攷 はてなブックマークに追加

10月6日(水) 統一を妨げているものは何か 歴史認識と「反共主義」の克服―いま「連合」を考える(その3)

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、日本民主法律家協会の機関誌『法と民主主義』第561号、2021年8・9月号、に掲載されたものです。3回に分けてアップさせていただきます。〕 3, 経験と実績は何を示すか 共闘の復活と「共産党の献身」 野党共闘の復活は、2016年2月の「5党合意」から始まっている。これは2016年7月…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 6日 論攷 はてなブックマークに追加

10月4日(月) 統一を妨げているものは何か 歴史認識と「反共主義」の克服―いま「連合」を考える(その1)

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、日本民主法律家協会の機関誌『法と民主主義』第561号、2021年8・9月号、に掲載されたものです。3回に分けてアップさせていただきます。〕 はじめに 来る総選挙では、立憲民主党(立憲)・日本共産党(共産)・国民民主党(国民)・社会民主党(社民)などの野党が共闘すれば勝利できる可能性…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 4日 論攷 はてなブックマークに追加

10月3日(日) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月3日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「闇支配を断ち切れるのは選挙だけ 岸田執行部人事の情けなさ」 しかも、朝日新聞や読売新聞によると、甘利新幹事長は就任前から幹事長として振る舞い、高市政調会長や河野広報本部長に電話をかけては、人事を発令して…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 3日 コメント はてなブックマークに追加

10月25日(月) 市民と野党の共闘こそが「勝利の方程式」(その2)

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、五十嵐仁・小林節・高田健・竹信美恵子・前川喜平・孫崎享・西郷南海子『市民と野党の共闘で政権交代を』あけび書房、2021年、に収録された拙稿です。3回に分けてアップさせていただきます。〕 総選挙はどうなるのか 自公政権の新型コロナウイルス対策とオリンピック・パラリンピック(…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 25日 論攷 はてなブックマークに追加

10月14日(木) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月14日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「詭弁にしか聞こえない 「成長も分配も」とは詐欺師の口上」 この1週間で分かってきたことは、総裁選で「新しい資本主義」という大風呂敷を広げていたが、その中身は空っぽだったということだ。なにしろ、いつまで待…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 14日 コメント はてなブックマークに追加

10月7日(木) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月6日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「前代未聞の目くらまし 電光石火の解散・総選挙に国民ア然」 どんな内閣なのかも分からないのに、政権発足から1カ月足らずで有権者は一票を投じることになる。なぜ、投票日を前倒ししたのか、狙いはハッキリしている…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 7日 コメント はてなブックマークに追加

10月5日(火) 統一を妨げているものは何か 歴史認識と「反共主義」の克服―いま「連合」を考える(その2)

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、日本民主法律家協会の機関誌『法と民主主義』第561号、2021年8・9月号、に掲載されたものです。3回に分けてアップさせていただきます。〕 2, 政策合意と将来ビジョン どのような世界と日本をめざすのか 行動の統一のためには、一致点を確認しなければならない。最新の政策合意は9…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 5日 論攷 はてなブックマークに追加

10月2日(土) 野党結束 政権交代へ 「協力合意」歓迎

/

五十嵐 仁

〔以下の談話は、『しんぶん赤旗』2021年10月2日付、に掲載荒れたものです。〕 国民に希望の光ともす 市民と野党の共闘にとって政権に関する合意は初めてで、新たな段階を画するものといえます。4野党と市民連合との共通政策の合意がホップなら、今回の政権合意はステップ。次のジャンプは最終的な候…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 2日 コメント はてなブックマークに追加

10月20日(水) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月20日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「争点は人権か利権か 甘利幹事長“体制選択選挙”とは大笑い」 ■大メディアもデマ拡散に加担 共産主義の脅威を拡散しようとする与党の妄言を垂れ流す大メディアも問題だ。甘利の発言や、「日本が共産主義に染まってしま…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 20日 コメント はてなブックマークに追加

10月19日(火) 共闘の力で科学と学術を尊重する新たな政権の樹立を

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、日本科学者会議の『東京支部つうしん』No.648 、2021年10月10日付に掲載されたものです。〕 メディアを乗っ取ったようなバカ騒ぎの末に、自民党の総裁選が幕を閉じました。菅首相の突然の不出馬表明、4人の候補者の乱立、派閥の流動化と乱戦、決選投票の果てに、ようやく自民党のトッ…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 19日 論攷 はてなブックマークに追加

10月16日(土) 安倍支配を継続する岸田政権 「ハト派」の幻想振りまく

/

五十嵐 仁

〔以下のインタビュー記事は、『連合通信・隔日版』No,9686、2021年10月14日付、に掲載されたものです。2回に分けてアップさせていただきます。〕 〈五十嵐仁法政大学名誉教授に聞く〉上 安倍・菅の2代にわたる政権がコロナ対応への失政で退陣し、岸田政権が発足した。岸田文雄氏は、ハト派で保守本流…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 16日 論攷 はてなブックマークに追加

10月12日(火) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月12日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「騙されてはいけない 岸田の分配は「今だけ」「口だけ」」 大企業が貯め込む内部留保を吐き出せ、従業員の給与に回せ、と迫られていれば蜜月なんてあり得ない。分配の財源に掲げる株式売却益などの金融所得課税強化も…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 12日 コメント はてなブックマークに追加

10月24日(日) 市民と野党の共闘こそが「勝利の方程式」(その1)

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、五十嵐仁・小林節・高田健・竹信美恵子・前川喜平・孫崎享・西郷南海子『市民と野党の共闘で政権交代を』あけび書房、2021年、に収録された拙稿です。3回に分けてアップさせていただきます。〕 都議選の「教訓」は何だったのか 7月4日の東京都議会議員選挙の最大の「教訓」は、ひと…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 24日 論攷 はてなブックマークに追加

10月21日(木) 10・31総選挙 政権を変えるしかない!

/

五十嵐 仁

〔以下の記事は、『連合通信』No.1307、2021年10月20日号、に掲載されたものです。〕 政権を変えるしかない!― 五十嵐仁法政大学名誉教授に聞く ― 安倍・菅の両政権が二代続けてコロナ対応で批判を浴び、退陣に追い込まれました。その後を継いだ岸田政権をどう見るべきか。五十嵐仁法政大学名誉教授は「…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 21日 コメント はてなブックマークに追加

10月17日(日) 政権を変えるしかない 政策担当者として反省必要

/

五十嵐 仁

〔以下のインタビュー記事は、『連合通信・隔日版』No,9686、2021年10月14日付、に掲載されたものです。2回に分けてアップさせていただきます。〕 〈五十嵐仁法政大学名誉教授に聞く〉下 ――所信表明演説を見た感想は? 私は「3ない演説」だと言っている。一つ目が、コロナ失政やモリカケ桜の問題、経…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 17日 論攷 はてなブックマークに追加

10月9日(土) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』10月9日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「党改革とは笑止 疑惑の幹事長が候補者調整と総選挙を仕切るのか」 岸田首相はなぜ、こんな薄汚いカネまみれ男を幹事長に就けたのか。二階前幹事長を外すことを「党改革」だとエラソーにアピールしていたが、後任が甘…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

10月 9日 コメント はてなブックマークに追加
過去30日の記事
293012
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829
2021年10月29日
記事検索

おしらせ

10月2日 BuzzurlおよびYahoo!ブックマークの取り扱いを停止致しました。

3月18日 奥山真司様、舞田敏彦様、以上2ブログを登録致しました。

11月27日 大槻義彦様新ブログを登録致しました。

1月16日 中田安彦様新ブログを登録致しました。

12月2日 片瀬久美子様、竹田圭吾様、田島正樹様、pha様、宮武嶺様、以上5ブログを登録致しました。

11月22日 賀茂川耕助様、郷原信郎様、佐々木俊尚様、高木浩光様、以上4ブログを登録致しました。

9月10日 livedoorクリップのサービス停止に対応致しました。

12月4日 「リンク記事」ページを新設致しました。

12月2日 阿部重夫様、中田宏様、以上2ブログを登録致しました。

11月17日 竹中正治様、為末大様、中岡望様、山形浩生様、以上4ブログを登録致しました。

11月2日 高注目記事の並べ替えができるようになりました。

10月9日 岡田斗司夫様、菊池誠様、鈴木亘様、西尾幹二様、以上4ブログを登録致しました。

8月11日 宋文洲様、中田安彦様、以上2ブログを登録致しました。

7月6日 著者名をクリックすると著者ごとの記事一覧ページを表示するようになりました。

6月19日 ひろゆき様ブログを登録致しました。

6月13日 木村盛世様、斉藤久典様、松永英明様、以上3ブログを登録致しました。

6月11日 五十嵐仁様、磯山友幸様、江川紹子様、小倉秀夫様、高野雅夫様、以上5ブログを登録致しました。

6月8日 城繁幸様新ブログ登録致しました。

5月8日 田中龍作様新ブログ登録致しました。

5月1日 ろんじんネットを限定公開致しました。



All About COCOMO

デル株式会社
\j[XgA
Wplbg@fBA~bNXVbsO
\j[XgA

記事一覧

・このページは著者ごとに記事をまとめています。

・ろんじんネットにて現在ご紹介している30日前から本日までの記事が表示されます。

・注目順に並べ替えると、各記事が公開日から7日後までに集めた注目が多い順に表示します。

・注目度の計算値が同じ記事では、日付の新しい記事が上位に表示されます。

・新規にろんじんネットに追加されたブログでは、その追加以降に発表された記事が集計対象になります。

・集計方法の概要は、はてなブックマークでのブックマーク数のランキング、およびツイッターでのツイート数のランキング、 それぞれを算出した後、それらを得点化して合算した値のランキングとなっています。

・集計は毎日、早朝の時間帯に行っています。本日公開された記事は明日早朝を過ぎるまで注目度の計算値がないため、低位に表示されます。

・注目度が高いことは、必ずしも評価が高いという意味になるわけではないことにご留意ください。

・新しい順に並べ替えると、記事に記載されている日付の新しい順に表示されます。この日付は記事の公開日ではない場合があります。