五十嵐 仁

五十嵐仁の転成仁語
注目順 新しい順

4月30日(火) 改元と天皇代替わりのバカ騒ぎによって私たちは何を失おうとしているのか

/

五十嵐 仁

今日4月30日で今の天皇が退位し、明日5月1日に新しい天皇が即位します。これにともなって「平成」は今日で終わり、明日からは新元号の「令和」が用いられることになります(ただし、私は使いません)。「新しい時代の到来」とされていますが、今日と明日の何が変わるのでしょうか。それに伴って、私た…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

4月 30日 天皇 はてなブックマークに追加

5月8日(水) 天皇退位による代替わり騒動の今こそ「国民主権」を貫くべきだ

/

五十嵐 仁

10連休中の4月30日に天皇が退位し、翌5月1日に新しい天皇が即位しました。テレビなどには特別番組があふれ、懸念した通りの大騒ぎとなったのは誠に残念です。街頭インタビューなどで、「令和をどんな時代にしたいですか」という問いがありました。私はこう答えたいと思います。「安倍首相のいない時…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 8日 天皇 はてなブックマークに追加

4月22日(月) 衆院補選での教訓を学び参院選に向けて早急に「本気の共闘」の確立を

/

五十嵐 仁

統一地方選挙後半戦の結果が明らかになりました。同時に投票された衆院補選も投開票されています。とりわけ、夏の参院選の前哨戦として注目されていたのが衆院沖縄3区と大阪12区の補欠選挙です。その補選では沖縄3区で野党が支援する無所属新人の屋良朝博候補、大阪12区では日本維新の会の新人藤田文…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

4月 22日 選挙 はてなブックマークに追加

5月2日(木) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』5月1日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「改元を1億総慶祝 令和で安倍首相の疑惑も恩赦になるのか」 「元号は災厄や大きな不幸があった際、天皇が時間の支配者として時代の空気を一変させるのに使われてきました。安倍首相も時間の支配者気分で、改元でモリ…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 2日 コメント はてなブックマークに追加

4月26日(金) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』4月25日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「トランプ国賓、蜜月演出 安倍政権の姑息な目論見は逆効果」 「安倍首相が、トランプ大統領を“ノーベル平和賞”に推薦していたと発覚した時、多くの国民は『えっ!』と絶句したはずです。安倍首相は二言目には『かつて…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

4月 26日 コメント はてなブックマークに追加

5月16日(木) 街頭演説で日本共産党の志位委員長と吉良参院議員の前座を務めることになった

/

五十嵐 仁

突然ですが、街頭演説で日本共産党の志位和夫委員長と吉良よし子参院議員の前座を務めることになりました。明後日の18日(土)午後2時からで、場所はJR八王子駅北口です。志位さんと吉良さんの前ですので、いささか緊張します。でも、私の演説などはそれほど期待されているとは思えませんので、気楽に楽…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 16日 日常 はてなブックマークに追加

5月10日(金) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』5月8日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「新天皇で勢いづく安倍政権と右派 「令和」で改憲の現実味」 連休が明けても、今月末にはトランプ米大統領が来日し、即位後初の国賓として新天皇と面会する。安倍がこの機会をトコトン利用しようとするだろうことは想…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 10日 コメント はてなブックマークに追加

5月7日(火) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』4月30日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「国民はファシストを待ち望んでいるのか」 法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)は「選挙という民主的な手続きを経て権力を集中させた上で、やりたい放題を正当化するのが現代の『ファシズム』。選挙制度、主権者教育な…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 7日 コメント はてなブックマークに追加

4月28日(日) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』4月27日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「派手な欧米歴訪にも懸念 安倍外交“破綻”青書の衝撃 法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)がこう言う。「安倍首相の外遊は参院選に向けた政治パフォーマンスが目的でしょう。これまで政権の支持率を支えてきたのは株価と…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

4月 28日 コメント はてなブックマークに追加

5月19日(日) 「希望の政治」をめざし参院選に向けて「本気の共闘」を

/

五十嵐 仁

〔以下の論攷は、『東京革新懇ニュース』第442号、5月5日付、に掲載されたものです。〕 統一地方選挙と衆院補選の結果が明らかになりました。天皇の代替わりを控えた新元号「令和」の発表と、それに伴う「改元フィーバー」という一種の「お祭り騒ぎ」によって天皇制イデオロギーの浸透と定着が図られ…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 19日 論攷 はてなブックマークに追加

5月15日(水) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』に掲載されたものです。〕 *5月11日付巻頭特集「経済無策と外交破綻 令和効果が失せればこの政権は終わる」 3日間で計850円もの下落だ。9日の日経平均株価は、前日終値比で200円46銭安の2万1402円13銭で取引を終えた。10連休明けの株価は3日間…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

5月 15日 コメント はてなブックマークに追加

4月24日(水) 『日刊ゲンダイ』に掲載されたコメント

/

五十嵐 仁

〔以下のコメントは『日刊ゲンダイ』4月23日付に掲載されたものです。〕 *巻頭特集「野党が一つになれば勝てる 期待される共産党の党名変更」 立憲と国民民主が宮本を自主投票にとどめたのも、基本政策の異なる「実質的な共産候補」と捉えたから。相変わらずの「直接、組めば支持者が離れる」という屁…
言及:
反応:

五十嵐仁の転成仁語

4月 24日 コメント はてなブックマークに追加
過去30日の記事
21222324252627
2829301234
567891011
12131415161718
192021
2019年5月21日
記事検索

おしらせ

10月2日 BuzzurlおよびYahoo!ブックマークの取り扱いを停止致しました。

3月18日 奥山真司様、舞田敏彦様、以上2ブログを登録致しました。

11月27日 大槻義彦様新ブログを登録致しました。

1月16日 中田安彦様新ブログを登録致しました。

12月2日 片瀬久美子様、竹田圭吾様、田島正樹様、pha様、宮武嶺様、以上5ブログを登録致しました。

11月22日 賀茂川耕助様、郷原信郎様、佐々木俊尚様、高木浩光様、以上4ブログを登録致しました。

9月10日 livedoorクリップのサービス停止に対応致しました。

12月4日 「リンク記事」ページを新設致しました。

12月2日 阿部重夫様、中田宏様、以上2ブログを登録致しました。

11月17日 竹中正治様、為末大様、中岡望様、山形浩生様、以上4ブログを登録致しました。

11月2日 高注目記事の並べ替えができるようになりました。

10月9日 岡田斗司夫様、菊池誠様、鈴木亘様、西尾幹二様、以上4ブログを登録致しました。

8月11日 宋文洲様、中田安彦様、以上2ブログを登録致しました。

7月6日 著者名をクリックすると著者ごとの記事一覧ページを表示するようになりました。

6月19日 ひろゆき様ブログを登録致しました。

6月13日 木村盛世様、斉藤久典様、松永英明様、以上3ブログを登録致しました。

6月11日 五十嵐仁様、磯山友幸様、江川紹子様、小倉秀夫様、高野雅夫様、以上5ブログを登録致しました。

6月8日 城繁幸様新ブログ登録致しました。

5月8日 田中龍作様新ブログ登録致しました。

5月1日 ろんじんネットを限定公開致しました。


f
ffiʂ̂¿j
\j[XgA

記事一覧

・このページは著者ごとに記事をまとめています。

・ろんじんネットにて現在ご紹介している30日前から本日までの記事が表示されます。

・注目順に並べ替えると、各記事が公開日から7日後までに集めた注目が多い順に表示します。

・注目度の計算値が同じ記事では、日付の新しい記事が上位に表示されます。

・新規にろんじんネットに追加されたブログでは、その追加以降に発表された記事が集計対象になります。

・集計方法の概要は、はてなブックマークでのブックマーク数のランキング、およびツイッターでのツイート数のランキング、 それぞれを算出した後、それらを得点化して合算した値のランキングとなっています。

・集計は毎日、早朝の時間帯に行っています。本日公開された記事は明日早朝を過ぎるまで注目度の計算値がないため、低位に表示されます。

・注目度が高いことは、必ずしも評価が高いという意味になるわけではないことにご留意ください。

・新しい順に並べ替えると、記事に記載されている日付の新しい順に表示されます。この日付は記事の公開日ではない場合があります。