中国という多民族国家

/

池田 信夫

香港の問題は混迷を深めているが、これは他人事ではない。中国のGDPは2030年代にアメリカを抜いて世界最大になると予想され、今後は中国との関係が日本の最大の問題になるが、これはアメリカよりはるかに厄介な隣人である。それが古代から統一された専制国家だったと考えるのは錯覚で、古代国家は城壁で…
言及:
反応:

池田信夫 blog

8月 20日 はてなブックマークに追加

約束を破れない日本人

/

池田 信夫

韓国が「約束を守れない国」だとすると、日本は「約束を破れない国」である。これには歴史的な原因がある。日本は江戸時代まで対外的な戦争を経験しなかったので、平和の中で安定した中間集団(社団)ができ、血縁集団を超える約束ができるようになった。これを「封建制」と呼ぶのは正確ではないが、東ア…
言及:
反応:

池田信夫 blog

8月 25日 科学/文化 はてなブックマークに追加

「親韓派」知識人が日韓関係をゆがめてきた

/

池田 信夫

和田春樹氏の「安倍政権は平和日本の終焉だ」という講演が、韓国で大歓迎を受けている。彼は1970年代から韓国の民主化運動を支援し、最近も「韓国は『敵』なのか」という署名をつのっている、日本の「親韓派」知識人のリーダーである。私は学生時代に、彼の運動員をやったことがある。当時は朴正熙政権…
言及:
反応:

池田信夫 blog

8月 28日 法/政治 はてなブックマークに追加

年金危機は予定より早くやってくる

/

池田 信夫

参議院選挙の前に出るはずだった年金財政検証がようやく出たが、予想されたほど数字が悪化していない。実質成長率がマイナス0.5%という「ケースⅥ」でも、所得代替率が50%になるのは2043年と、前回の最悪のケースより遅くなっている。これには一見すると気づかないトリックがある。ここでは「マクロ経…
言及:
反応:

池田信夫 blog

8月 29日 経済 はてなブックマークに追加

在日の耐えられない軽さ

/

池田 信夫

日本人の韓国に対する後ろめたさの原因に「在日」がある。日本が植民地支配で朝鮮人を迫害し、戦後も在日韓国人を差別してきたというイメージが、日本人の罪悪感と韓国人の被害者意識の原因になっている。その典型が著者の妹のように「世界中にいいたい。日本には来るな!」と憎悪をあおる在日だが、こ…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 1日 はてなブックマークに追加

【再掲】MMTについての超簡単な解説

/

池田 信夫

訳本が出たので原著の解説を再掲するが、結論からいうと読む価値はない(Kindleのサンプルで眺めるぐらいで十分)。経済学者のアンケートでも賛成する人は1人もいない。もうMMTは忘れていいと思う。本書はMMTのほぼ唯一の入門書だが、これは金融理論というより素朴な財政哲学で、数式も統計データも出てこ…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 2日 はてなブックマークに追加

日韓「歴史問題」は1990年代に生まれた

/

池田 信夫

最近の日韓関係しか知らない人は、韓国がずっと反日だったと思っているかもしれないが、1980年代までそんな運動はなかった。90年代にそれに火がついた最初のきっかけは、強制連行だった。今でいう「徴用工」問題だが、あまり盛り上がらなかった。それは当時、韓国の与党の重鎮だった金鐘泌が、1965年に…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 4日 法/政治 はてなブックマークに追加

年金はゼロサムゲームではない

/

池田 信夫

懸案の年金財政検証が出たが、野党は批判しない。批判すると、今より年金を減らせという話にしかならないからだ。マクロ経済スライドはほとんど実施されていないため、今の年金は大幅な過剰給付になっている。今のままだと積立金は2030年代に枯渇し、年金は完全な賦課方式になるだろう。そうなると年金…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 7日 経済 はてなブックマークに追加

「東アジア」という幻想

/

池田 信夫

韓国との紛争は単なる外交問題ではなく、日韓が価値観を共有できるのかという問題を提起している。漢字文化圏とか儒教文化圏という通念で語られる「東アジア」は本当に存在するのだろうか。20世紀前半の歴史は、韓国にとっては空白である。1910年の日韓併合は韓国にとっては存在しない。こういう違いを…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 8日 はてなブックマークに追加

大学なんか行っても意味はない

/

池田 信夫

訳本が出たので再掲。訳題には疑問符がついているが、原題は『教育に反対する理由』。大学の私的収益率は高いが、社会的には浪費である。大卒で高い所得を得られるのは学歴のシグナリング効果であり、教育で能力が上がるからではない。したがって学校教育に税金を支出することは正当化できない。これは…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 9日 はてなブックマークに追加

平家・海軍・外務省

/

池田 信夫

河野太郎外相が、ブルームバーグなどに日本語と英語で寄稿し、日韓問題についての日本の立場を説明している。英語圏の人々にとって英語以外の情報は存在しないので、こういう情報発信は重要だが、今まで外務省はほとんどやってこなかった。2015年度予算からは総額約500億円もの「対外広報戦略費」がつい…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 10日 法/政治 はてなブックマークに追加

反日主義は韓国の「戦後の国体」だった

/

池田 信夫

近代の日本史に抜けているのは、朝鮮半島の歴史である。朝鮮は日本の一部だったのだから、その歴史は日本に含めるべきだが、教科書では「日本軍のアジア進出」として大陸と一緒になっているので、日本軍が朝鮮で戦争したと思っている人も多い。実際には朝鮮半島は平和で、朝鮮人は 内地以上に「皇国」に…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 12日 法/政治 はてなブックマークに追加

ネットメディアの間違いだらけの「在日ネタ」

/

池田 信夫

このごろネットメディアの劣化が目立つ。ヤフーやハフィントンポストやバズフィードはもともと左翼的だったが、最近は現代ビジネスまで、間違いだらけの在日ネタを載せるようになった。次の文章は、根本的に矛盾している。たしかに、日本の領土の一部であった朝鮮半島の出身者の多くには、植民地支配に…
言及:
反応:

池田信夫 blog

9月 14日 メディア はてなブックマークに追加

日韓GSOMIA、訪印など

/

石破 茂

石破 茂 です。韓国政府によるGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄により、日韓関係は問題解決の見込みの全く立たない状態に陥ってしまいましたが、日本にも、韓国にも、「このままでよいはずがない、何とか解決して、かつての小渕恵三総理・金大中大統領時代のような良好な関係を取り戻したい」と思っ…
言及:
反応:

石破茂(いしばしげる)ブログ

8月 23日 はてなブックマークに追加

転勤とキャリア

/

荻野 勝彦

野球と出張に明け暮れた7月、8月が終わり、とりあえず一応の平静が戻ったか…ということで本日はtwitterを再開し、今からブログも書きたいと思います。かなりご無沙汰してしまったので、たまには書かないと忘れられそうなので…。さて本日の題材は今朝の日経新聞に掲載された出口治明立命館アジア太平洋大…
言及:
反応:

吐息の日々

9月 2日 人事管理 はてなブックマークに追加

どうして日本人って仕事が嫌いなのに転職や自己研鑽に消極的なの?と思ったときに読む話

/

城 繁幸

今週のメルマガ前半部の紹介です。先日、とある国際調査の結果がネット上で反響を呼びました。【参考リンク】日本は出世意欲が最低、断トツで自己研鑽していない国に 簡単にまとめると、日本人は ・出世意欲が最下位 ・独立起業意欲も最下位 ・「会社組織」「職場の人間...
言及:
反応:

Joe's Labo

9月 12日 work はてなブックマークに追加

イエメン・フーシ派によるドローン攻撃とその運用について

/

高橋 和夫

重要かつ優れた論考ですので、著者の牧田純平氏の許しを得て、ブログにアップさせていただきます。ドローンとイエメンに興味のある方には必読の文献かと判断しています。----1.激化するドローン戦争「この攻撃は、300カ所の重要施設に対する攻撃の始まりに過ぎない」 フーシ派によるドローン攻撃の激し…
言及:
反応:

高橋和夫の国際政治ブログ

9月 9日 はてなブックマークに追加

日本社会の歪みを象徴する「下級国民のテロリズム」 週刊プレイボーイ連載(396)

/

橘 玲

死者35人、負傷者33人という多くの被害者を出した「京都アニメーション放火事件」は、放火や殺人というよりまぎれもない「テロ」です。しかし犯人は、いったい何の目的で「テロ」を行なったのでしょうか。報道によれば、容疑者はさいたま市在住の41歳の男性で、2006年に下着泥棒で逮捕され、2012年にコ…
言及:
反応:

橘玲 公式BLOG

8月 26日 Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン, 日本社会 はてなブックマークに追加

「他人を傷つけるような表現は許されない」は正しいのか? 週刊プレイボーイ連載(397)

/

橘 玲

あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」がわずか3日間で中止されました。慰安婦像や昭和天皇をモチーフにした映像作品を展示したことが政治家などから批判され、脅迫行為にまで発展したためと主催者は説明しています。この事件に関してはすでに多くが語られているので、ここではすこし…
言及:
反応:

橘玲 公式BLOG

9月 2日 Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン, 政治哲学 はてなブックマークに追加

ゆたかで幸福な社会から「廃棄」されたひとたち 週刊プレイボーイ連載(398)

/

橘 玲

これはとても不穏な話です。あなたが巨大なゴミ処理場を訪れたとしましょう。当然のことながら、そこにはゴミしかありません。圧倒的な量のゴミに圧倒されて、「これは大問題だ」と社会に警鐘を鳴らすかもしれません。しかし、さらに俯瞰して見ると、そこにはとてつもなくゆたかな現代日本の消費社会が…
言及:
反応:

橘玲 公式BLOG

9月 9日 Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン, 政治哲学 はてなブックマークに追加
過去30日の記事
18192021222324
25262728293031
1234567
891011121314
151617
2019年9月17日
記事検索

おしらせ

10月2日 BuzzurlおよびYahoo!ブックマークの取り扱いを停止致しました。

3月18日 奥山真司様、舞田敏彦様、以上2ブログを登録致しました。

11月27日 大槻義彦様新ブログを登録致しました。

1月16日 中田安彦様新ブログを登録致しました。

12月2日 片瀬久美子様、竹田圭吾様、田島正樹様、pha様、宮武嶺様、以上5ブログを登録致しました。

11月22日 賀茂川耕助様、郷原信郎様、佐々木俊尚様、高木浩光様、以上4ブログを登録致しました。

9月10日 livedoorクリップのサービス停止に対応致しました。

12月4日 「リンク記事」ページを新設致しました。

12月2日 阿部重夫様、中田宏様、以上2ブログを登録致しました。

11月17日 竹中正治様、為末大様、中岡望様、山形浩生様、以上4ブログを登録致しました。

11月2日 高注目記事の並べ替えができるようになりました。

10月9日 岡田斗司夫様、菊池誠様、鈴木亘様、西尾幹二様、以上4ブログを登録致しました。

8月11日 宋文洲様、中田安彦様、以上2ブログを登録致しました。

7月6日 著者名をクリックすると著者ごとの記事一覧ページを表示するようになりました。

6月19日 ひろゆき様ブログを登録致しました。

6月13日 木村盛世様、斉藤久典様、松永英明様、以上3ブログを登録致しました。

6月11日 五十嵐仁様、磯山友幸様、江川紹子様、小倉秀夫様、高野雅夫様、以上5ブログを登録致しました。

6月8日 城繁幸様新ブログ登録致しました。

5月8日 田中龍作様新ブログ登録致しました。

5月1日 ろんじんネットを限定公開致しました。



デル株式会社

All About COCOMO
\j[XgA
i.comԕی rEς
Wplbg@fBA~bNXVbsO

高注目記事

・このページは、「最近の注目」の上位10位以内に一度でも表示された記事を表示しています。 昨日までの30日間において多くの注目を集めた記事をまとめたページとなります。

・注目度の計算値によって同列順位が発生することがあるため、上位から11番目や12番目の記事が含まれる場合もあります。

・集計は毎日、早朝の時間帯に行っています。

・各記事の表示期間は、記事記載の日付から30日後までです。公開日からではないことにご留意ください。

・注目度が高いことは、必ずしも評価が高いという意味になるわけではないことにご留意ください。